この気持ちを名づけるなら やっぱり恋なんだろう ちょこっとの空想も織り交ぜて


by shadow

make believe rule



まるで安いメロドラマだ
そう言ったのはカルチェラタンの住人の俊であり、その人ではない。
わたし、どうしたらいいの
と言ったのは 大切な人の帰りを待ち旗を掲げ続ける海であって私ではない。

前を横切る男性二人組がジロジロ私達を見た。
あからさまに見られたねと話しながら歩いていたのは深夜、錆びれたホテル街。
そりゃ、見られるだろう。
私はデッキブラシを持ち、その人はタワシを持って意気揚々と歩いていたのだ。
その日は友達の結婚式の二次会があった。
駅前の居酒屋が立ち並ぶ通りの一角で開催されることをなんとなくその人に伝えていた。
玉宮にいらっしゃればバッチリメイクの私が見れますよ(笑)
その人はなんとなく、夜は飲みに出るつもりであると伝えてきた。
じゃぁ時間潰しながら飲んだくれてますね(笑)

二次会、盛り上がってますか?ビンゴとかやってるのかな?なかなか当たらないよね。マジで?当たったの?!メッチャ見たい!

二次会、盛り上がってます。ビンゴ…まだなかなかです。ぁ、当たりました!!景品、メッチャ見せたいです!

おひらきになったことを伝えたらその人は来てくれた。そして笑われた。飲み屋街にオシャレしてデッキブラシをもって街灯の下に佇む私を見て。
魔女の宅急便ごっこができますと話しながらデッキブラシを交代で持ちながら歩を進める。
信号がなかなか青にならないと思ったらボタン式だった。
律儀に押して待つけれど、走っている車なんてない。
おじいさんがルールを無視して道を渡っていく。
渡れるけどね。
少しでも、隣にいる理由を。

その人には教えていないけど私の家の前を通り過ぎた。
もう、近いですから。
そう足を止めても話は尽きない。
ここで話すのはちょっと…
どうしますか?
何をどうするんだ と聞きたいけど、聞けなかった。
ズルいです。
ズルい男だと思います。こないだの公園はどっちでしたっけ?

デッキブラシを振り回しながら住宅地を闊歩する私達は、ハタからみたらロマンチックな関係ではなく酒を飲めるようになったばかりの学生然りだ。



f0135919_23141496.jpg



[PR]
# by shadow_of | 2015-09-30 21:48 | おさんぽ

make believe crossroads


互いにドリンクを3回お代わりし、
私達より後に入ってきたお客さんがもう退席しているのに気付き、そろそろ出ましょうとなる。
先手を取らねばっ!
今日は私が…と、伸ばした手を取り押さえられる。
1週間前、おそらくかなりの金額を支払っていただいている。
ここでまたご馳走になってしまったらフェアな関係は築けない。

とっても楽しい時間でしたので、このままいい気分のまま帰らせてください!

それは男のセリフでしょう!?ズルいですよ!

ギャーギャー騒いで最終的に大人なその人が折れてくれて自分的にやっとフラットな関係になる。

雨が上がった外の傘立てに残った傘は その人のものではなかった。
申し訳なさそうに頭をさげる店員さんに、またお邪魔した時にと声をかけて帰路につく。
歩くの好きだからとその人自分の家とは反対方向に歩を進める。
悪いですよ、と声をかける。
いいんですか?送らなくて?
わかっているのに試すよな口振りと視線。
ズルいです。

地元の人と歩く道は、よく通る慣れた道のはずなのに、新しい発見や新鮮なエピソードが溢れる。
学生時代は公園巡りしたりとか。ここら辺のボーリング場もよく行った。部活であの山ダッシュしたり。自転車でどこでもいける気がしてた。あの坂になってる橋を当時付き合っていた人と自転車で…最後まで言わんでもわかりますよね(笑)
昔の話をたくさんしたからか、それとも天沢聖二と月島雫に憧れと懐かしさとを感じているからか、戻れない学生時代になんとか戻れないかと各々が精神も感情も距離もちょっと強引に、だけど自然にお互いに近づけようとしていた。

先週送ってもらった交差点に着く。
不自然な間を埋めようとぎこちない会話が続く。
これもまた、かつて別の誰かと味わった感覚。耐えられない。
なんか、ヤなかんじです。
ヤなの!?
いや、この感じが。さようならはさみしいなぁと思って。
言っちゃうんだ と笑われる。
近くに公園とか無いの?
あるけど、もう遅いですよ。
行かなくていいんですか?
決まった相手がいる男性はどうしてこんなに気が大きくなるんだろう
ズルいです。
行きましょ。どっちですか?
せめてもっと嫌味な笑い方をしてくれたらいいのに。

f0135919_2333456.jpg




[PR]
# by shadow_of | 2015-09-24 23:18 | おさんぽ

make believe park


ここは知らなかったなぁとつぶやきながら、その人は遊具へ登った。
昔は手も届かないくらい高かったはずなのに、久しぶりに見る遊具は随分こじんまりとしている。
来ますか?と差し出された手を取ることを
ヒールを履いていることが躊躇わせた。

どこかに座りましょう。
時計に背を向けるようにして腰掛ける。
夜の公園なんて学生みたいですね。
大学時代に公園で焼き芋して警察呼ばれそうになったことがあります。
大学は寮でお金もなくて、先輩のところに入り浸っていたな。
寮の生活があるからかなあ、コクリコ坂からは僕は結構好きだったよ。
屋上に寝そべってぼーっとするのが好きだった。
屋上は憧れです。大抵鍵かかってて出れなかったから。
物語の重要な場所になりますよね。
雫と聖司が動き出すシーンですね、重要です。
今度はジブリ鑑賞会だな。

ひとつの話題が、どんどん新しい話のきっかけとなる。
出会ったばかりにありがちなこと。
だけど
興味のない相手とは成り立たないこと。

スラムダンク、名作ですよね。
セーラームーン、あんまりわかんない。
マーマレードボーイは見てた、男二人兄弟なのに?!
踊る大走査線、大脱出、バックトューザフューチャー。
ライフイズビューティフルは救いがあるけど悲しすぎる。

住宅に囲まれた公園の真ん中。
声を潜めて笑い合う度きょりは縮まる。
触れては離れるその人の手は夏の終わりでもまだ熱かった。

敬語、いいですね。職場でも若手は敬語で話してきますけどそれとはちょっと違って。身内ばかりで出会ってきたので、全く知らなかった人とこんなふうにいるなんて不思議ですね。なんだか落ち着きます。今のその笑い方、ヤバいですって。穏やかですね。公園デートですよ、マズイですね。

楽しいです。職場は女の子が多いし、出会うのはおじいちゃんや、おばあちゃんですし。同じくらいの歳の人と新たにお知り合いになることってないですから。ただ毎回…って二度目ですけど、お酒入ってますからね。お酒のせいなのかなとも、思います。

どこかでブレーキをかけなければ。
これは美しい夢。俯瞰している自分がいる。

お酒のせいってのも、あるでしょうね。ずるいことしてるなって思ったりもします。でも、楽しい。

肩にお互いの体温を感じるのを気づいていないフリをする。
それがフリだと お互いに気付いていながら。

それなりに恋をして、
それなりに恋をされて来た私達は
もう全て分かっていながら、知らないふりをし続けた。

パラパラと音がした。
静かな夜は雨音も思いも助長する。

行きますか。
家まではすぐ近くだけど、その間に雨粒は少し大きくなった。
傘持って行ってくださいと渡そうとするも大丈夫と断られる。
握手で解散しましょうと差し出された手は相変わらず温かかった。


f0135919_1631434.jpg


[PR]
# by shadow_of | 2015-09-24 16:31 | おさんぽ

make believe next week


LINEを交換したからって友達というカテゴリーに属したとおもえないのは私に限ったことではないだろう。
なにか話すきっかけを。とりあえず、こないだのお礼を。
午後の会議の前にメッセージを送ってみる。
会議後スマホを見てみる。その人だって仕事をしている人だ。そもそも急ぎの返事を要求するような内容ではない。それでもなんとなく落胆する自分に気づいて やるせなくなる。

定時。
片付かない仕事を横目に帰りは遅くなると家に連絡。あ、LINEが入っている。
なぜか安堵。
だけど、この流れからは誘えない。そのまま既読だけ付けておしまい。

惰性で仕事をこなす。
趣味の領域に入ってしまった資料作りは終わりが見えなくなる。
そこにLINEの着信。
今から玉宮にくりだします^ ^
どうする!お誘いと認識するにはまだ早い?いいなぁと羨ましがる。もう仕事はそっちのけ。
一人ですのでよかったら来てください。
プログラムを全て終了させ、
本には付箋をはって、
手を洗って急いで帰宅。
疲れてる顔を隠すため縁ありの眼鏡に変えて、おそらくスーツであろうその人に恥ずかしい思いはさせない程度のトップスに変え急いで家を出る。
正直 顔もしっかり覚えてなかったけど、ちょうど1週間前に会った時みたいにその日も弱い雨。
傘を持つシルエットに見覚えがおり、ニコっと笑ったその表情に確信する。

なるべく静かなお店を選び並んで腰掛ける。
既にちょっと酔いが回っているその人は学生時代の話や仕事の話、そしてやっぱりジブリの話をいっぱいしてくれる。
時折私の意見を求める時は、しっかり目を見据える。
その目は大きく丸くかわいらしくて、その瞳は色素が薄いことに気付く。

結婚はされてるんですか?
結婚はまだです。

なんとなく予想できていたけど約束された相手はいるんだと確認。

楽しすぎますね。自分から連絡先を聞いたのは初めてだし、一度会っただけの女性を食事に誘ったのも初めてです。お昼に連絡もらっていたからなんとか頑張って誘いました。

うれしかったです。誘っていただけて。会議終わっても返事がなかったのでちょっと落胆してました。…ってこういうのは言っちゃダメですね。なんだかとっても楽しいんです、いま。遠慮なく本当に来ちゃいましたけど、ホントに良かったですか?

なんでですか?うれしいですよ。ほんと楽しいし。ヤバイですね、なんか。こないだもですけど。人との出会いは大切にしたいなって思うんです。誰でもいいわけではないですけど。ちょうど1週間だなぁって思ってました。時々そうやって笑うの、それずるいですよ⁈

1週間…ですね。どうしようかなぁって思ってました。何をどうするんだって話ですけど。初めて会った時 って先週ですけど、お話する前から作らない笑顔の人だなぁって見てました。なんか…ヤバイですね。


大人になって割り切りとか
子供みたいに思いのままにとか
そういうことができたなら どれだけ ラク だろう。

この話はここまでで、リセットしましょうか。

私達は 始まってもいない何を リセットしたかったのだろう

f0135919_16523120.jpg





[PR]
# by shadow_of | 2015-09-23 23:10 | おさんぽ

make believe



それはまるで、バロンがくれた物語。
書きたいことがありすぎて最後はもうめちゃくちゃ。
荒々しくて未完成。
まだ磨かれていないダイヤの原石。
それでもきっとアトリエ地球屋の主は私達のことを目を細めて見てくれると信じて。

久しぶりに恋をした。
一人飲んでいた、居酒屋のカウンター。
盛り上がる人生経験豊富な常連さんを間に対角に座ったその人はとても素直な笑顔を見せる人だった。
誰が誰のお酒を飲んでいるのかわからなくなっていくのに混ざるに混ざりきらないその人を巻き込んだのは私だった。
面倒見のいい女性の常連さんに瓶ビール…それはさらに隣の粋なおじさまのものだった気がするけど を持たされたその人は、私のグラスを満たしに来てくれた。
新しいグラスをもう一つもらい、誰が頼んだかわからない瓶ビールで乾杯し、それが出会いだった。

二次会に行こうと言い出しだのがマスターだったかおじさまだったか定かではないけど、
お前らも来いよ言われた気がして私達も向かうことに。
会計を…と財布を出したら もう済んでるよと。その人が済ませてくださっていた。
シトシトと雨が降り出すなか、その人の傘にお邪魔して次のお店へと歩く。
聞けば隣の中学校で、高校時代の先輩と同級生で、同じくジブリが大好きで、LINEをやっていて、新しくしたばかりのスマホを使いこなせない私を散々笑いやがって、
なんとか繋がった頃には距離がかなり縮まっていた。

二次会では常連さんの旅の話を聞き、
粋な話を聞き、
ビールと餃子の匂いにを十分に体にしみつけた頃には日付が変わって一時間は経っていた。
送って行きますよ という言葉に恐縮しながら、
どこかもう少しこの時間をと期待していた自分をを隠しきれなく、家までの道は饒舌だった。
それは今思えば私に限ったことではなく、
その人もまたにこにこと楽しそうに、いろんな話をしてくれた。
今日のお礼を必ずさせてください。
もちろん本心だけど、なんでもいい、もう一度会う口実を、そんな思いでお別れをした。

f0135919_1416060.jpg


[PR]
# by shadow_of | 2015-09-23 16:46 | おさんぽ